HOME>アーカイブ>投資物件の運用は老後に備えた資産形成におすすめ

知識なしで始めるのは避けよう

家の模型とお金

大きな利回りが期待できる不動産投資ですが、注意しておきたい点もいくつかあります。まず、始める前にしっかりと勉強して知識を入れておくことです。サラリーマンの多くの方は、不動産に関する知識というものは少ないのではないでしょうか。もしそうした状態で始めてしまうと、大きな損失を被り、資金を減らすことにもなりかねません。そこでおすすめなのが、不動産投資関連のセミナーへ参加することです。投資を始めるにあたって最低限知っておきたい基礎知識から、利益を上げやすい物件の見つけ方、購入資金の作り方など色々と教えてくれます。無料と有料のセミナーがありますが、最初は無料のもので構いません。様々な不動産会社が開催しているので、気軽に参加して知識を蓄えておくと初心者でも効率の良い資産運用を実現できます。

高い利回りが魅力

住宅模型

年功序列を廃止する会社が多い中、サラリーマンにとって老後の資金をいかに貯めるかは喫緊の課題です。そんな中、不動産投資がサラリーマンに最適だと話題になっています。その理由は、銀行の定期預金などに比べて、高い利回りが期待できるからです。金利が一方的に下げられている昨今では、サラリーマンが得た収入を銀行に預けておいても大きく増えることは期待できません。ところが不動産投資ならばより高い利回りが期待でき、お金の運用先としてとても優れています。

始めやすい条件が揃っている今がチャンス

相談

時期的に、サラリーマンにとって不動産投資を始めやすいのもおすすめできる理由です。投資というのは最も安くなっているときに購入し、高くなったときに売るというのが成功しやすいパターンです。不動産物件は景気が悪かった頃の影響を受けてかなり値下がりしており、お買い得なものがたくさんあります。つまり今購入すれば、高い成長率が期待できるというわけです。加えて税制面での優遇など投資に適した環境が整いつつあり、最高のタイミングと言えるでしょう。