コンプライアンスを遵守

模型

家を借りる際に必ず必要になるのが保証人です。しかし核家族化が進んだことにより、なかなか保証人が見つからなくて困っている人が増えています。地方から都会へ出てきて保証人になってくれる人がいなかったり、家族に頼みにくいなど様々な理由で保証人を探すのが難しくなっているのです。そんな時に頼りになるのが賃貸保証会社で、賃借人の家賃を支払いが滞った時に代わって払ってくれるのです。賃借人と賃貸人の間に保証会社が入ることで貸し手も保証があるので安心して貸すことができるし、借りても保証人を探し回る必要がなくなるので助かります。そして賃貸保証会社を選ぶならコンプライアンスを遵守して、様々な業界から高い評価を得ている保証会社をおすすめします。

サラリーマンや公務員や生活保護や外国人

マンションの模型

実績ある賃貸保証会社は、個人の方の家から会社の事務所やお店や倉庫などあらゆる賃貸物件の保証業務を行っています。家主様や管理会社様も面倒な業務を任せることで負担が軽くなり、借主様もすんなりと家を借りられるようになります。家賃保証会社のユーザーは、サラリーマンや公務員から芸能人に非正規雇用や外国人留学生、生活保護受給者や年金生活者などあらゆる人が利用しています。また実績ある賃貸保証会社は、財務内容が健全で借金もなく手堅い経営を行っているので安心です。それから代位弁済や集金代行業務も行っていて、家主様の大切な家賃をしっかりと管理しています。そして万一保証会社が倒産しても、信託により保全されるので大丈夫です。